京浜東北線街情報バックナンバー

東京都新宿区新宿2-5-11 甲州屋ビル2F
TEL:03-3358-6699 /FAX:03-3358-6630
E-Mail:new@town-web.co.jp

池袋各線埼玉方面賃貸情報
池袋賃貸 TOP >>  京浜東北線 >> 街情報バックナンバー

京浜東北線街情報バックナンバー

赤羽


●LaLaガーデン
首都圏最大級の開閉式全天候型アーケード商店街で、天井も高く、明るく開放的です。
約300メートルもあり魅力的なお店が揃います。


●赤羽八幡神社
征夷大将軍・坂上田村麿の創建とされる「勝負の神」で、昔から武士の信仰が篤く、 現在でも、受験生やスポーツ選手などから広く信仰されています。


京浜東北線・埼京線・宇都宮線・高崎線・湘南新宿ラインの停車駅で、主に北区の商業の 中心となっています。
北の玄関ともいわれ、川口市・蕨市・戸田市・さいたま市など、埼玉県内から東京都心へ アクセスする際に経由する駅であることから、多くの乗り換え客が集中します。
駅周辺は大変栄えており、駅より直結のショッピングモール「アルカード」をはじめ、 ダイエー、西友、イトーヨーカ堂などのスーパーや、飲食店なども充実しています。
また、南北線・赤羽岩淵駅も徒歩7分と大変便利な駅です。



●駅周辺
東武ストア、イトーヨーカドー、西友、マルエツや、ファーストフード店、飲食店などが 賑やかに並びます。


●和楽備神社
蕨城跡で、周辺は城址公園になっています。
蕨城は、南北朝時代に渋川氏が居を構え、1524年に北条氏により破壊され、江戸時代になると、徳川家康が城跡に御殿を置いたとされています。
また、成人式発祥の地としても知られ、園内には記念碑が建てられています。


蕨市は日本一面積の小さな市、日本一人口密度が高い市で有名です。
毎年8月には駅前通りを中心に、蕨市の最大イベント「わらび機まつり」が盛大に行われ、 25万人を超す観光客で賑わいます。


南浦和


●浦和競馬場
大井・川崎・船橋とともに南関東4競馬場を形成し、場内では、独特のローカルムードを 味わうことが出来ます。
馬場内に整備された芝生のグラウンドは、開催のない日に開放され、浦和レッドダイヤモンズ の選手たちをコーチ役に招いて、子供向けサッカー教室などのイベントが行われ、 スポーツを通じて地域社会に貢献しています。
売店の名物は、アジフライと天ぷらつきおにぎりで、競馬関係の読物でも紹介されるほどです。


●さいたま市文化センター
音楽・演劇・舞踊・古典芸能など芸術的な分野の催し物や、展示会・パーティー・集会などに 幅広く利用されています。
大小のホール・多目的ホール・展示室・集会室などがあり、なかでも、大ホールは 2000席を超えます。
また、隣には利用の大変多い、南浦和図書館があります。


京浜東北線と武蔵野線の停車駅で、特に、日中の京浜東北線は約半数が当駅発着となり、 乗り換えも多い為、混雑する駅です。
駅周辺は整備され、デパート「まるひろ」をはじめ、スーパー、飲食店などが並び、 路線バスのターミナルとなっています。
また、教育環境も大変良く、学習塾・予備校が数多く存在します。


浦和


●西口周辺
伊勢丹浦和店とコルソ(浦和駅のみにある百貨店)をはじめ、イトーヨーカドー、ユザワヤ、 飲食店などの商業施設が並びます。


●埼玉会館
客席数1315名を誇る「木」の大ホールは、やわらかくあたたかい雰囲気で、他にも、 小ホールや展示室、会議室があり、コンサートや様々なイベントなどが行われています。
また、県立浦和図書館が隣接し、こちらには社会科学や産業関係の図書・雑誌、 埼玉県関係の郷土資料が充実します。


駅西側は、埼玉県やさいたま市の行政機関、各政党の県支部、新聞社などが集まる 埼玉県の行政の中枢で、さいたま市内では大宮駅周辺に次ぐ規模の商業地区です。
現在、駅東口には「パルコ」やシネマコンプレックス、市立図書館、スポーツ施設、 地下食品売場を擁する、地上10階・地下4階の大型再開発ビルの建設中で、 さらなる発展が予想される駅です。


北浦和


●県立北浦和公園
自由広場・彫刻広場・音楽噴水などがある、四季折々の自然により、美しく彩られる公園です。
特に、音楽噴水は一見の価値ありで、クラシックの曲にあわせてダイナミックに踊り、夜になると 幻想的にライトアップされます。
また、県の文化振興課が中心となり、若手ミュージシャンの支援を行う事業、 SSM(Saitama Street Musician)の指定エリアにもなっており、登録すれば 演奏活動を行うことが出来ます。


●県立近代美術館
緑豊かな北浦和公園内にある美術館で、モネ・シャガール・ピカソなどの海外の巨匠から、 日本の現代作家まで、優れた美術作品をコレクションし展示しています。
また、より芸術に親しんでもらう為に、コンサート・講演会・親と子で参加できる講座なども 開催しています。


さいたま市のほぼ中心に位置する駅で、周辺には、いくつかの商店街をはじめ、北浦和SATY、 クイーンズ伊勢丹、マルエツなどのスーパー 、大きな病院、県立公園、市民の窓口など、 様々な施設が並びます。
西口ロータリーからは所沢まで続く、日本一長いケヤキ並木があり、また、最近では Jリーグ「浦和レッズ」の街としても知られ、キャラクターグッズなどを扱うレッズスクエアを拠点に、 街中に翻る旗やモニュメントにも赤い文字が躍ります。


与野


●駅周辺
スーパーや商店街、飲食店が並びます。
毎年10月の最終土曜日に開催される「大正時代まつり」では、大正時代の衣装を着用し、 ノスタルジックな雰囲気を再現する仮装パレードや、和太鼓演奏、大正琴演奏、観覧馬車などの イベントが行われ、大変賑わいます。


●与野フードセンター
生鮮食材の取扱に重点を置いたスーパー「彩鮮館」のほか、100円ショップもあります。
また、Jリーグ「浦和レッドダイヤモンズ」のオフィシャルスポンサーで、 浦和レッズのグッズや焼酎「浦和の涙」の販売をしています。


近年、「さいたま新都心」の街開きや、西口駅前再開発事業により、駅前広場も拡張され、 共同ビルやマンション等が立ち並び、活気ある街へと変貌しています。
また、埼京線の与野本町駅も徒歩圏内で、周辺には、さいたま市中央区役所、 彩の国さいたま芸術劇場などがあります。


さいたま新都心


●さいたまスーパーアリーナ
さいたま新都心のシンボルともいえる、最大収容人員3万7千人の多目的ホールで、 コンサート・スポーツ・展示会・見本市など、様々なイベントが開催されます。
客席可動ブロック(ムービングブロック)や、昇降式の天井・床などの空間拡張システムにより、 様々なステージやコート設営が可能です。
さいたま市の成人式が開催されることでも知られ、毎年、その模様がTV放送されています。
また、20世紀を代表するアーティストであるジョン・レノンの生涯と作品を伝える 「ジョン・レノン・ミュージアム」が併設されています。


●コクーン
紀伊國屋書店・ライフ&グルメアリーナ・フードバザーや、県内最大級のシネマコンプレックス 「MOVIXさいたま」をキーテナントとし、121の専門店とレストランを擁する エンターテインメント型ショッピングモールです。


2000年4月1日に開業した新しい駅で、駅周辺には、行政機関やスーパーアリーナなどが並び、 さいたま新都心地区の表玄関として、その役目を担います。
京浜東北線・高崎線・宇都宮線の3路線が乗入れ、現在、一日の乗降客数は約6万人ですが、 予定されている「さいたま新都心」の全施設が完成した場合には、その数12万人とも15万人とも 予測され、今後の更なる発展が楽しみな駅です。


大宮


●駅周辺
DOM(ダイエー・丸井・東急ハンズ・OPAの複合店舗)をはじめ、大宮アルシェ、 大宮そごう、高島屋、ロフト、ルミネなど、県下最大の繁華街が広がります。


●大宮ソニックシティ
埼玉県・さいたま市・日本生命保険が所有する高層ビルで、31階建てのソニックシティ本棟・ 13階建てのパレスホテル・4階建の大ホールと、3つの部分に分かれます。
大ホールは客席数2505席を誇り、コンサート等の各種イベント会場として利用されています。


●大宮氷川神社
埼玉・東京・神奈川に点在する数百の氷川神社の本拠として、2000以上の歴史があり、 初詣や七五三詣など、多くの参拝客が訪れます。
隣接する大宮公園は、「日本の桜名所100選」にもなっている約1200本もの桜や、 樹齢100年を超える赤松林、新緑や紅葉が美しい樹木が多く、四季折々の変化が楽しめます。
また、園内には公式野球場、サッカー場、県立博物館、動物園などもあります。


埼玉県内一のターミナル駅で、各新幹線をはじめ、宇都宮線・高崎線・湘南新宿ライン・ 京浜東北線・埼京線・川越線、野田線や伊奈線の停車駅です。
乗降客も大変多く、1日平均は各線合計で約40万人です。
駅周辺にはオフィスビルや大型商業施設が多数建ち並び、県内最高の商業集積度を持つ 経済の中心となっています。


西川口


●川口オートレース場
全国に6場あるオートレース場のひとつで、売上・入場者数共に1位を誇り、 川口市が所有管理しています。
毎年8月上旬には、川口市主催の夏祭り「たたら祭り」のメイン会場として使用され、 夜には迫力ある花火が打ち上げられます。
また、敷地の有効活用として、バンク内には交通児童公園が設置されており、 レース開催の無い日には、地元地域の小学校・幼稚園の交通指導に利用されています。


●青木町公園総合運動場
川口市では一番広い公園で、桜の名所でもあり、緑豊かな園内には、陸上競技場・ 野球場・テニスコート・弓道場・市民プール・ランニングコースなど、総合運動公園 としての様々な施設が揃います。
また、隣には体育武道センターがあり、そちらには柔道場・剣道場・トレーニングルーム などがあり、公園施設と併せて、多くの方に利用されています。


駅周辺には、様々なショップを擁するショッピングビル「フェスト」をはじめ、 東武ストアやイトーヨーカドー、多数の飲食店などが並びます。
東口からは、大型ショッピングセンター「ダイヤモンドシティ・キャラ」や、 彩の国ビジュアルプラザ・NHKアーカイブスなど、映像制作を目的とした施設 「SKIPシティ」方面へバスが運行します。
また、2007年5月には東口側駅舎に5階建の駅ビル「ビーンズにしかわぐち」が完成し、 商店街にも新しいお店が出店するなど、イメージが変わりつつあります。


川口


●駅周辺
「そごう」をはじめ、104の専門店・イトーヨーカドー・映画館を擁する「アリオ川口」や、 大型商業ビル「かわぐちキャスティ」、アミューズメントビル「PIA」など、 大小様々な商業施設や商店が立ち並ぶ「買い物の街」です。


●キュポ・ラ
マルエツや無印良品などの商業施設、図書館などの公共施設、住宅、公共広場で構成され、 2006年4月にオープンしました。
広場では、定期的にフリーマーケットなどのイベントが行われています。


●川口西公園
リリアパークとも呼ばれる、川口市自慢の駅前大規模公園で、まるで渓流の様な流れ施設や、 各種イベントの会場となる芝生広場、様々な彫刻やモニュメント、大規模花壇など、 駅前を飾るにふさわしい充実した設備を誇ります。
また、桜の木が多数植えられており、桜の新名所となっています。


川口市の中心駅であり、川口総合文化センター「リリア」や、川口駅前行政センターなどの 市を代表する施設が集まります。
1日の平均乗車人員は約79,000人で、埼玉県内のJRの駅としては大宮駅に次いで 2番目です。
埼玉高速鉄道線・川口元郷駅も徒歩圏内で、近年マンションの建設ラッシュが進んでいます。
また、映画「キューポラのある街」の舞台となり、鋳物の町として全国に知られています。


東十条


●商店街
駅北口から北本通りまで、東十条商店街〜東十条銀座商店街とつづく、約800メートル・ 200店を超える活気溢れる大型商店街です。


●十条富士塚
正式には富士神社で、お富士さんの名称で親しまれています。
昔、富士山に直接行かれなかった庶民たちが、塚を富士山に見立てて参詣していました。
現在も、毎年山開きにちなんで6月30日と7月1日に祭礼が行われ、脇の道路沿いには 数多くの露店が並び賑わいます。


駅周辺は、東十条地区・神谷地区といって、昔から物価が安く、家賃も安いことで有名でした。
商店街が充実し、大きな病院があり、徒歩圏内に埼京線・十条駅や南北線・王子神谷駅もあり、 都心へのアクセスも良く、生活しやすいエリアです。


王子


●北とぴあ
駅前にある北区のシンボルで、17階建の文化施設です。
館内には、ホール、各種会議室、音楽スタジオ、トレーニングルーム、プラネタリウム、 産業情報センターなどがあり、産業と文化の拠点となっています。
最上階の17階は無料展望ロビーで、眼下には飛鳥山公園が広がり、天気が良ければ、 筑波山や赤城山、秩父連山が眺望出来ます。


●飛鳥山公園
八代将軍・徳川吉宗が桜の植樹を命じ、千本以上を植栽して江戸庶民に開放し、 江戸城北の花見の名所となったのがこの公園の始まりで、明治6年、上野、芝、浅草、深川 とともに日本最初の公園に指定されました。
園内には約650本の桜や、約1万5000株のツツジ、約1300株のアジサイが植えられ、 花見スポットとしても有名で、シーズンには多くの観光客で賑わいます。
また、園内には、古今東西の紙に関する資料を展示する「紙の博物館」や、 北区の歴史・文化を紹介・展示する「北区飛鳥山博物館」、日本の近代経済社会の基礎を 築いた明治の実業家、渋沢栄一に関する資料を展示する「渋沢資料館」があります。


京浜東北線・南北線・都電荒川線の停車駅で、北区役所をはじめとする 北区の主に行政の中心となっています。
もともと製紙業をはじめとする工業の街であり、今でも紙に関連した印刷会社や、 造幣印刷局などが稼働します。
駅周辺には「北とぴあ」「サンスクエア」を中心に、商店・飲食店が多数並び、 バスターミナルは各方面への拠点となります。
また、飛鳥山公園をはじめ、名主の滝公園や北区中央公園、王子神社など、緑が多く、 暮らしやすい駅として人気があります。


上中里


●旧古河庭園
大正初期の庭園で、伝統的な手法と近代的な技術の融和により、和洋の見事な調和を 実現しています。
洋風・和風庭園の両方からなり、現存する近代の庭園の中でも、極めて良好に保存 されている数少ない重要な例として、文化財保護法により国の名勝指定を受けました。


  ●滝野川会館
文化センターをはじめ、図書館、音楽スタジオ、ホールなどがある複合施設で、 地域住民から幅広く利用されています。


駅周辺はマンションなどが建ち並ぶ閑静な住宅街で、北区滝野川体育館、滝野川公園、 地震の科学館、平塚神社、ゲーテ記念館、国指定史跡「西ヶ原一里塚」などがあり、 南北線・西ケ原駅も徒歩圏内です。
隣の王子駅と本駅を結ぶ道「飛鳥の小径」が、桜の名所として広く知られています。